FC2ブログ


     「むこうずね」と「ふくらはぎ」

     「脛」とは膝からくるぶしまでのことで、「すね」「はぎ」2通りの読み方がある。

     むこう脛は「すね」で前面
     ふくら脛は「はぎ」で後面

     むこうずね「むこう」とは「あっち」のことでなく、「向かう」で、相手から見てこちらの前方。

     インターネット上で探すと、一見とてもわかりやすいのだけれど、この説明で納得いくか?といったところも多い。

     むこうずねは「弁慶の泣き所」と言われ、皮と骨の間にクッションがないので硬いものにぶつかると痛い。

     しかし、実際にまっすぐ向こうずねをモノに当てると、先にあたるのは骨でなくてやわらかい筋の部分なのだ。脛を蹴られると痛むのは骨のところか筋のところか、わからなくなる。

     「痛ぇ・・・」

     実際にやってみると、ちょっとした方向の違いでぶつかる場所は違うが、やはり骨の部分の方が痛いようだ。
    カレンダー
    09 | 2012/10 | 11
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    カウンター
    滞在者数
    現在の閲覧者数:
    メンテナンス中
    ドメイン
    最新記事
    アクセス進撃ブログRSS